アクセスカウンター
カウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

漫画レビューかきため2(ネムルバカ、探偵綺譚、PRESENT FOR ME)

石黒正数先生の作品を今日は書きますか。
「それでも町は廻っている」はすでにレビュー投稿済なので、他の作品を。

○ネムルバカ 徳間書店 全1巻
ネムルバカ (リュウコミックス)ネムルバカ (リュウコミックス)
(2008/03/19)
石黒 正数

商品詳細を見る

8点
だらだらーっとした二人の大学生の話。
将来何がしたいか、どうすればいいのかわからないっといったもやもやと漠然とした悩み。
誰もが考えたことがあるような内容だと思います。非常に共感できました。
ギャグ部分は流石という面白さですし、この作者独特の空気感はハマると病みつきになります。
全1巻でありながら、しっかり終盤には話が展開し、綺麗にまとめられていて好印象でした。
読んでいて特に気になる点がみつからなかったです。

○探偵綺譚 石黒正数短編集 徳間書店 全1巻
探偵綺譚?石黒正数短編集? (リュウコミックス)探偵綺譚?石黒正数短編集? (リュウコミックス)
(2007/12/20)
石黒 正数

商品詳細を見る

6点
石黒先生の短編集で、こちらは比較的初期の作品を集めた短編集です。
表題作である「探偵綺譚」には「それ町」の歩鳥と紺先輩が登場します。名前もキャラ造形も似ていますが、完全に同じキャラ扱いではないそうですが。他の作品と比べてもシリアスな雰囲気漂う作品で、面白かったです。
他の収録作もギャグあり、ホラーあり、ミステリーありとさまざま。
「スイッチ」という作品はあの「世にも奇妙な物語」にも採用されてます。
作者のファンなら読んで損はしないでしょう。

○PRESENT FOR ME 石黒正数短編集 少年画報社 全1巻  
Present for me 石黒正数短編集 (ヤングキングコミックス)Present for me 石黒正数短編集 (ヤングキングコミックス)
(2007/08/03)
石黒 正数

商品詳細を見る

7点
こちらは比較的新しい短編集です。
作画の安定感も向上していて、さまざまな作風をみせてくれています。
個人的にツボだったのは「なげなわマン」でした。
表題作である「PRESENT FOR ME」のオチは初めは「?」と思ったのですが、あとがきの解説読んで納得。
やっぱりこの作者は凄いセンス持ってるなーと実感しました。

今日は短めでこんな感じで。「それ町」以外の作品もどれも面白いですよ!
にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : 日記とアニメ・マンガ関連ごちゃまぜ
ジャンル : アニメ・コミック

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する