アクセスカウンター
カウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

とある飛空士への恋歌(犬村小六) 3巻 感想

とある飛空士への恋歌3 (ガガガ文庫)とある飛空士への恋歌3 (ガガガ文庫)
(2009/12/18)
犬村 小六

商品詳細を見る


自分が続きを楽しみにしている数少ないライトノベルの一つ、「とある飛空士への恋歌」3巻読み終えました。
漫画買いまくりのせいで買ったのはよいがなかなか読む時間がなかったので、バイトの休憩中にちょっとづつ読み進めましたw
3巻は2巻までの学園モノな展開を一気にひっくり返す様なシリアス巻でした。
今までの楽しげな生活はこの展開の為だったのか、とベタかもしれないけどショックが大きかったです。
死亡フラグが立ちすぎでヒヤヒヤしながら読みましたw

アリエルの「お兄ちゃん」デレは反則すぎるw
カルエルじゃないけどあわあわしちゃったよw

いやぁ、それにしても終盤でのまさかのあのキャラ登場と、一番最後の手紙の内容にはテンションあがりました!
次の巻で登場するのか否か!?
この巻でほとんど出番のなかったクレアとの話もあるのでまだまだ続きそうな予感です。
スポンサーサイト

テーマ : 日記
ジャンル : アニメ・コミック

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する