アクセスカウンター
カウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヨコハマ買い出し紀行 13,14巻(芦名野ひとし)

ヨコハマ買い出し紀行 13 (アフタヌーンKC)ヨコハマ買い出し紀行 13 (アフタヌーンKC)
(2005/07/22)
芦奈野 ひとし

商品詳細を見る

ヨコハマ買い出し紀行 (14) (アフタヌーンKC (1176))ヨコハマ買い出し紀行 (14) (アフタヌーンKC (1176))
(2006/05/23)
芦奈野 ひとし

商品詳細を見る


よ~~~やく手に入れました「ヨコハマ買い出し紀行」13,14巻。これで完結です。
中古でいっくら探しても見つからないんで何故だろうと思ったら絶版なんですね。
インターネット通販でも在庫なしばかり。最終手段としてヤフオクで購入しました。
2冊で2000円程度でした。プレミア価格がついている様で割高でしたが、それ以上に「現物を手に入れて、最後まで読みたい!」という気持ちの方が上回りましたw
いわゆるコレクター魂ですね。

何しろこの作品に対する評価は自分の中でもかなり高いので…w
「漫画レビュードットコム」で10点をつけています。ちなみに、10点は今現在のところ5作品です。
(残りは「ジョジョの奇妙な冒険」「SLAM DUNK」「DRAGON BALL」「夕凪の街 桜の国」です。)

この作品との出会いは全くの偶然、一年ほど前になります。某黄色い本屋の立ち読みでした。
アフタヌーンの100円コーナーでタイトルに惹かれてなんとなく手にとったのでした。

あらすじ
舞台は、文明がほぼ滅びた近(?)未来。
のんびりとした時が流れ、のちに”夕凪の時代”と呼ばれる時代。
とある片田舎(神奈川県・三浦半島近辺)の西の岬で、小さな喫茶店を経営する主人公ロボット、アルファと、彼女を取り巻く人々との、穏やかな穏やかな物語。
(はてなダイアリーより)


この漫画は「雰囲気漫画」といわれる事が多く、またその様な種類の漫画の代表的作品です。(自分は最近まで知りませんでしたが・・)
なぜ「雰囲気漫画」といわれるか、というと…風景の描写やモノローグが多いからでしょう。
「終末の世界」として海面の上昇、都市の水没、子供の減少など滅びつつある世界がロボットであるアルファさんの視点で描かれます。
1話あたりのページ数は月刊にもかかわらず16P、しかもコマ割も全体的に大きく、スラスラと読めてしまいます。本当にその世界の「雰囲気」を読んで楽しむモノです。
よくある「日常を面白く描いた作品」とは違い、あくまで「穏やかな日常」を描いているからです。
滅びつつある世界の中でも、それを感じさせる暗い描写などはありません。
本当の意味で話にヤマもオチもなく、この様な作品が商業誌で連載できていた事が驚きです。
また、連載終了したのは2006年と割と最近まで連載していたのにも驚きでした。
正直、絵柄や作風はかなり古い作品の様に感じたので…

また、この作品の特徴のひとつとして「時間の経過」があげられます。
主人公であるアルファさんは外見こそ人間とかわりませんが、ロボットであるが故に年月が経っても年を重ねたり、外見が変化するということはありません。
それに対して、人間であるキャラクター達は連載が進むにつれて年を重ね、変化していきます。
(外見は変わらずとも、内面はしっかりと変化していますが…)
連載当初は子供だったタカヒロとマッキ達は、いつの間にかアルファさんよりも背が高くなり、都会に出て仕事をはじめる様になります。
しかしその間もアルファさんは見た目が変わらない。同じ時間を生きているはずなのに…
ガソリンスタンドのおじさんや診療所の先生も自分たちの永くない未来をアルファさんに託す様になります。
その切なさ、悲しさの描写がさりげなくも非常にうまい。。
連載終盤は特に時間の経過が早く、最終回でのバイクでヨコハマに行くまでの描写とか・・・ホント悲しい。
はじめ気づきませんでしたが読み直して気づきました。ネタバレになるので書けませんが・・

ちなみに個人的に凄い気に入っている点は絵柄です。
手書きらしい温かみが感じられる絵です。
特に笑顔やはにかみ顔がかわいくて好きです。

「漫画の読み方」というのは人それぞれだとは思いますが、この作品を楽しむには頭をフルに使って世界に入りこみ、ゆっくりと想像しながら読むのが良いでしょう。
台詞が少ないのでさらさら~っと読めてしまいますが、さりげなく書き込まれた背景などにもじっくり目を通すことで「ヨコハマ」の世界により浸かっていけるはずです。

最初に述べた様に、とても商業誌連載の漫画と思えない様な作風をしているので万人に「これ面白いよ!」と薦められる様な漫画ではないと思います。
ただ、「漫画が好き!」と言える様な方々でまだこの作品を知らない人は是非手にとってみてはいかがでしょうか。確実に自分の「漫画」観を拡げられます。
ただ、今回の様に13,14巻の入手は困難ですが…^^;

にほんブログ村 漫画ブログへ
スポンサーサイト

テーマ : 日記とアニメ・マンガ関連ごちゃまぜ
ジャンル : アニメ・コミック

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

この作品は、漫画レビュードットコムを見ていて気になっていました。自分も一冊だけブックオフで見かけましたね。限りなく揃えられなそうですが、ブックオフの聖地「神奈川」に住んでいて、そして数十か所のブックオフを熟知しているので笑、なんとか探してみます!

No title

数十か所とは凄いwwww
まさに聖地ですねぇ~
100円コーナーだけでも12巻まではそろえられるとは思いますが、刷った数が少ないのか、それともあまり中古に出回らないのかあまりみかけないので頑張ってくださいw
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。