アクセスカウンター
カウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ちはやふる (末次由紀)

ちはやふる (1) (Be・Loveコミックス)ちはやふる (1) (Be・Loveコミックス)
(2008/05/13)
末次 由紀

商品詳細を見る
ちはやふる (2) (Be・Loveコミックス)ちはやふる (2) (Be・Loveコミックス)
(2008/09/12)
末次 由紀

商品詳細を見る

ちはやふる (3) (Be・Loveコミックス)ちはやふる (3) (Be・Loveコミックス)
(2008/12/12)
末次 由紀

商品詳細を見る
ちはやふる (4) (Be・Loveコミックス)ちはやふる (4) (Be・Loveコミックス)
(2009/03/13)
末次 由紀

商品詳細を見る
ちはやふる 5 (Be・Loveコミックス)ちはやふる 5 (Be・Loveコミックス)
(2009/06/12)
末次 由紀

商品詳細を見る

漫画好きな方々の間ではひょっとしたら「今更?」とかいわれるかもしれませんが末次由紀先生の「ちはやふる」、ハマってます。

単行本買う際に知ったのですが、「2009年マンガ大賞大賞受賞作品」というもの凄い惹かれる帯がついてました。

買うきっかけになったのは「ニコニコ生放送」で、自分がいつも常連となっているコミュニティ「漫画好き放送」(まんまですね)の放送主であるランジェさんがよく「面白い」とプッシュしていたから。
それまではタイトルすら知りませんでした。何しろ自分が普段まったく立ち入らない少女漫画のジャンルですから。
ただ、これだけでは買おうとは思ってませんでした。

買うきっかけになったのは「漫画レビュードットコム」の方でtaroさんというレビュワーが書いた「ちはやふる」のレビューでした。
その内容は 「読むまで、正直甘く見ていた。凄く面白い。」 だけですw
でも「正直甘く見ていた」っていう点に惹かれました。レビューを読んだ時の自分がそういう心境だったからです。
「面白いとはいっても少女漫画だしなぁ・・」とかどこか甘く見ていたのです、正直。だからtaroさんのレビューが凄い参考になり、あれだけ生放送で薦められてもまだふんぎりがつかなかったのにこの一言で購入に至りました。

小学生の時からモデルとして活躍する姉を持ち、それと比べて何のとりえも無かった主人公・綾瀬千早が、転校してきた少年・綿谷新との出会いがきっかけで「競技かるた」をはじめるというのがあらすじです。
恋愛の要素よりも「仲間」だったり「努力」だったり「勝負」だったりとスポーツ漫画としての内容を軸に描かれているので非常に読みやすかったです。

キャラクターの内面描写も主人公だけでなく部員ひとりひとりやライバルキャラまでしっかりと描かれるあたりは少女漫画らしいと思いました(ただの先入観でしょうか・・)

これがドラマ化したりしたら今度は和風ブームとか百人一首ブームとか来るんじゃないか!?ってくらい面白いです。

今なら自分も自信もって「これ、面白いから読んでみ!」と薦められます。
続きも非常~に気になってますw
スポンサーサイト

テーマ : 日記とアニメ・マンガ関連ごちゃまぜ
ジャンル : アニメ・コミック

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

自分もあのレビュー見て、面白い漫画なのかなぁと気になってました。
少女漫画はやっぱり苦手ですが、他のブログでも紹介されているのを多く見て、少女漫画挑戦第2弾として読もうと思っています。

自分も普段自分が全く立ち入らない領域なので迷いましたが、買って正解だったと思ってます。
まだ5巻しかでてませんし、集めるのは簡単ですよ。

5巻ですか!今のうちだな・・。ブックオフで揃えてみます♪
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。