アクセスカウンター
カウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

とある飛空士への追憶 感想

「眠くなるまで読もう」と思って読み始めたのですが・・
続きが気になって一気に全部読んじゃいましたw

非常に面白かったです!これは評判に納得な出来の作品でした。
最後にもう一度表紙を見ると更なる感動が待ってました。

あらすじ。↓

「美姫を守って単機敵中翔破、1万21千キロ。やれるかね?」

レヴァーム皇国の傭兵飛空士シャルルは、そのあまりに荒唐無稽な指令にわが耳を疑う。次期皇妃ファナは「光芒五里に及ぶ」美しさの少女。そのファナと自分のごとき流れ者が、ふたりきりで海上翔破の旅に出る!?----------圧倒的攻撃力の敵国戦闘機群がシャルルとファナの小さな複座式水上偵察機サンタ・クルスに襲いかかる!
蒼天に積乱雲が立ち上る夏の洋上にきらめいた、恋と空戦の物語。

あらすじおわり↑

世界観や設定がなんとなく「ラピュタ」とか「紅の豚」、あるいは「カリオストロの城」を思い出しました。
ボーイ・ミーツ・プリンセス。たぶん「どこか読んだことある気がする・・」と思います。

正直、序盤の話は少し微妙で退屈だったのです・・
漢字もやたらと難しく使うし、なんか重そうな話なのかと思いました。

でもシャルルとファナの旅(?)が始まってから俄然面白くなりました。
シャルル・ファナ両方からの視点で書かれるので感情移入がしやすいんです。
ファナは特に序盤はなにも心情が明かされないので、無口キャラなのかと思ったら実際はそうじゃなかったってところとか。

それと伏線の消化の仕方もべたながら上手でうまくまとめていました。
自分は銃の伏線は読みながらわかったのですが、「踊ってよ」の伏線をまさかここでもってくるとは・・と思いました。感動ですよ。。
王道万歳!

アニメで凄いみてみたいと思いした。
森沢晴行先生が挿絵を描かれているんですが、ファナは原作の設定どおりすごい可愛く書かれています(何
でもその割に挿絵の枚数は少なめなんですよね。ラノベの挿絵の数ってこんなものでしたっけ?
もっといろんなファナやシャルルが見たいです!


久しぶりに面白いラノベでした!とりあえずラノベを読んでいる友人に布教しますw
あと、続編が出るらしいですね。それも楽しみです!

とある飛空士への追憶 (ガガガ文庫 い) (ガガガ文庫)とある飛空士への追憶 (ガガガ文庫 い) (ガガガ文庫)
(2008/02/20)
犬村 小六

商品詳細を見る
スポンサーサイト

テーマ : ライトノベル
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。