アクセスカウンター
カウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Fellows!祭@Comic-ZIN秋葉原店 に行ってきたよ

今日は秋葉原で最近リニューアルオープンしたばかりの「Comic-ZIN」秋葉原店にて「Fellows!祭」が開催されました。

お祭りの内容は
・Fellows!作家陣によるサイン会
・Fellows!連載作品の原画展
・漫画の持ち込み受け付け
・森先生・入江先生のコミックナタリーにある作画の動画の完全版
・Fellows!関連の漫画購入によるおまけ
などなどでした。

自分の参加目的はもちろん「作家陣によるサイン会」です。
参加された作家の先生方は
天乃タカ先生(『誰が為に鋼は鳴る』)
入江亜季先生(『乱と灰色の世界』)
笠井スイ先生(『ジゼル・アラン』)
碧風羽先生(『Fellows!』表紙)
宮田紘次先生(『真昼に深夜子』)
森薫先生(『乙嫁語り』)
八十八良先生(『ウワガキ』)
でした。

漫画家のサイン会、というのは実は今回が初めてだったのですが、今回はこのラインナップを見てどうしても行きたかったです。
大勢の作家の方のサインが一度に貰える、というのも嬉しいですし。
目当ては森先生、入江先生、そして笠井先生でした。

21日(土)

ちなみにサイン会に参加する為には前日(21日)の午前8時からのサイン会整理券を手に入れる必要が。
しかも列が多い時は8時前に配布する可能性アリとか注意書きがあったので更に早く行く必要が。
と、いう訳で21日は6時20分にはComic-ZIN秋葉原店に到着してました。
早すぎたとか思ってましたがそれでも既にパッと見ですが70人近くは並んでいて、自然に列が出来ていました。


が…

これはComic-ZINが並ばせた列では無く、自主的に勝手にできた列な為、無効です。(まぁ注意書きにも書いてありました)
この店員の一言で行列解散。
そして皆店前で店に押しかけるかのようにたむろ状態に。

しばらくして店員が再び登場。
店員が行ったところで列を作るといっていたので、皆店員を追いまわすような一触即発の雰囲気に。
店員がようやく「はい!ではここに列を~」と言い始めた所で一気に一か所に人が集中!ぎゅうづめ状態。
コミケとか知らない自分はオタクってこえーって思いました^^;

しかし驚いたのはその、店員が「今いる方の分の整理券は大丈夫ですから」と言ったこと。
……先に言ってくれよw
店員さんは(社員か店長かな?)必死に列をただそうとしてる中一人空気を読まずに店員に切れてるロン毛がいました。なぜわざと空気が悪くなる様な事いうかね~

そんなぎゅうづめも終わって列がまともな状態に直ってから、今度は並んでいる人に「誰のサイン希望なのか」を念のための事前チェック。
第一候補は「森先生:笠井先生:その他の先生」が「6:3:1」位で、圧倒的に森先生・笠井先生が多かったです。
森先生はまぁFellowsの看板ですし、納得の人気ぶり。
笠井先生は単行本でたばっかりで、たぶん初のサイン会だったんではないかと予想。
「森先生の整理券は沢山ありますから~」という声を聞いて、自分は第一候補には笠井先生と回答。
結果的にこれが功を奏して、二周目の整理券に並んでいる間に笠井先生の整理券は無くなってました。
ちなみに森先生は300枚くらいあったそうな。森先生凄すぎ。

店の前で四列縦隊で並んでいたのですが、大体8,9列目。
結構な時間待ちました。

よーやく笠井先生の整理券をいただいて、二周目へ。(22番だったかな)
今度は森先生か入江先生どっちを先に貰うか悩む事に。
結局、森先生は三周目で貰ってもきっとあるだろうと判断して入江先生へ。16番でした。
入江先生の整理券を待ってる間に隣の方に「誰(のサイン)狙いなんですか?」と突然話しかけられる。
話しかけられて普通に嬉しかったです。
「正直いうと本命は森先生なんですけど、森先生は沢山あるので入江先生にしようかとー」みたいな事言いました。
ファン同士の繋がりみたいなのは面白いですね。その方はサイン会は何度か行かれてる様で、サイン会自体初めてな事をいうと「どこで知ったの?」とか「いつから○○先生知ってるの?」とか聞かれました。
一人でサイン会来てりゃそりゃあ気になりますよね。

そーいえばサイン会行って思いましたけど、友人とか知り合い同士で来てる人がかなり多かったです。そういうもんなんですかね。
漫画好き仲間とかサークル仲間みたいな感じの集まりもいるようでしたし。
自分も漫画で語り合える友人がリアルに一人は欲しいです…。

そんなこんなで三周目へ。この時点でもうComic-ZINは開店間近(10時)で、大分人が増えてきてました。そして暑くなってきました。
この日はうちわとタオルがあったのでなんとかなりましたけど、こうやって長時間並ぶときはちゃんと対策がいりますね^^l
自分は水分を持ってなかったのがきつかったです。トイレ我慢よりはましかとも思いましたけど。
森先生は三周目だったので125番でした。

三周目の森先生が終わって10時過ぎ。開店したComic-ZINの一階で「ひぐらしのなく頃に 皆殺し編」6巻、「ひぐらしのなく頃に 祭囃し編」4-5巻、「うみねこのなく頃に Episode2」4巻、「うみねこのなく頃に Episode3」2巻、「うみねこのなく頃に Episode4」2巻を購入。ブックオフで「青空にとおく酒浸り」1巻を購入。
マックで昼を喰いながら漫画を読むも、早朝からの疲れで30分くらい寝てしまう。
結局マックでたのが2時半ごろ。
更にヨドバシによってブルートゥースのイヤホンを購入。新しいパソコンをチェックして帰宅。
帰ってから「乱と灰色の世界」「乙嫁語り」「ジゼル・アラン」を読み返して寝る。

22日
スケジュールとしては
11時~ 入江先生サイン会
14時50分~ 森先生サイン会
18時45分~ 笠井先生サイン会
だったので11時ちょい前くらいに到着。
アンケートを記入してなかったのでコンビニでペンを買っていたらいつの間にかサイン会がスタート。
でもすぐに自分の番(16番)は廻ってこなかったので、3階の特設コーナーで待つことに。

作家陣による原画展、凄かったです。
こうやってまじまじと原稿を眺めた事もはじめてでした。
Fellows!の作家陣はホント魅力的な絵を描く方が多い!
絵も結構選り好みする自分としてはホント好みに合う雑誌(?)だなーと思います。
ちなみに原画で絵が気に入って「冨明仁」先生のマンガを二冊レジで購入。
衝動買いだったんですが、結果的にピンバッジとか貰えたし、ポイントもたまったしで結果オーライ。
あとコミックナタリーにあった森・入江先生の作画の動画の完全版(ノーカット版)が公開されていて、これに対する人だかりがかなり多かったです。
会場せまいよw

そしてついに順番となって3階へ。
お、奥に和服の人が二人いる・・!
「は はじめて見るからどっちが入江先生でどっちが森先生かわからん!」と一瞬動揺しましたが店員さんの誘導のお陰で無事列に並べました。
ていうか、入江先生も森先生も綺麗な人でビックリしました!
いやー森先生については舞子プラズマのマンガのお陰でなんとなくなビジュアルの想像はしていたんですけど、入江先生なんかは本当に初めて見たので驚きました。美人です。
あとここまで来て他の方の様子を見てて、差し入れとかファンレターとか気の利いたものを全然用意していなかった事に気づく(遅)
もし今度漫画家のサイン会に行く機会があれば絶対用意しようと誓いましたw
そしてついに入江先生のサインをゲット!
自分の記念すべき漫画家サイン第一号は入江亜季先生となりました。

入江先生サイン

乱の大人バージョンです。
吹き出しの中は名前が描かれてるので隠します。
緊張して大したことは話せませんでしたが、「乱と灰色の世界」第二巻は10月ごろのようですよ~

入江先生のが終わったところでちょうど昼だったのでまたマックで昼。
ついでにさっき購入した。冨先生の作品を読む。
玲瑯館健在なりや」凄い面白いです。絵も好み。
個性的な住人がおりなすドタバタ。
一緒に買った「柔らかい女」も良い短編集でした。

そんな事をしてるうちに今度は森先生に。
会場に行ってみると結構森先生の列はおしてる感じで、なかなか進んでませんでした。森先生はかなりサインに時間かけてたので当然ですかね。でも時間に余裕がなかった人は大変だっただろうなぁ。
そんで3Fのフロアでまた待っているうちにビックリ。
3Fのフロアでふつーーーーに入江先生が他の客と同じように展示みてるんですもの。
これが普通なのか!?
流石に空気を読んでなのか暗黙の了解なのか、話しかけたりしてる人はいませんでしたがさっきサインもらった時よりも近づいた感じがしました。

あとツイッターをケータイでみてたらしおや先生がこっちに来るとの情報が。
あいにく来られた時間には4Fで並んでいたのでしおや先生を拝む事は出来ず。残念。
そうこうしてるに今度は森先生の番が。
森先生はなんと「乙嫁のメインキャラならだれでも」というサービスっぷり。(入江先生は「大人の乱か子供の乱」でした)
アミルかパリヤかで迷った結果パリヤにしましたw
もし次にサインもらえる機会があったら今度こそアミルにしようと思いますw
却下されてましたが、馬とか羊とかおじいちゃんとか言ってる人もいましたw
ちなみに自分の直前で森先生ちょっとだけ休憩へ。なんと朝11時から一度も休憩せずに書き続けていらっしゃるとか。しかもこの休憩もわずか3分程でした。凄い。
森先生サイン
1ページまるまる書かれていて、サイン自体はこの→のページに描かれてます。

森先生で大分時間が推したのですがそれでもまだ残る笠井先生までは時間があったのでまたマックへw
今度は買っておいた「フルメタル・パニック!」最終巻 「ずっと、スタンド・バイ・ミー」を読みました。
18時45分スタートだったんですが、フルメタが最期まで読んでしまいたくなって結局店を出たのが17時20分頃になりました。
でもサインかが押してた事、自分の整理券番号を考えるとこれぐらいでも大丈夫だろうと予想してました。
案の定付くと同時に4階へ行けるぴったりなタイミングでした。
そして遂に笠井先生・・・!

って!

笠井先生、あなたさっき3Fで見かけた気がするんですけど!!w

いやはや、まさかあの方が笠井先生だったとは…勘違いの可能性もありますけど。
笠井先生もかわいらしい方でした!
そしてここでも森先生ばりのサービス精神が!(むしろ森先生の影響?笑)
キャラリクもできましたし、しかもその他ちょっとしたリクエストまで可能でした!
例としては「長髪のジゼル」「メガネをかけたジゼル」「帽子をかぶったジゼル」などなど。
自分は「第一話の時の帽子でお願いします」とお願いしちゃいました。おこがましいにも程がありますね。
今日は3人の漫画家のサインを間近で見たんですが、サインだから当然かもしれないですが、あのスピードでこのクオリティは異常です。やっぱりプロだなって感じました。
笠井先生サイン
ペン一本でこのクオリティー。凄い。
凄い凄い言いすぎですね。

こんな感じで無事三名の作家さんからサインをゲットできました。
本当にありがとうございました。
ちなみにサイン会終わったのは23時過ぎ?とか。特に森先生とCOMIC-ZINのスタッフの方々お疲れさまでした。
人生初のサイン会参加でしたが、とても楽しかったです。
今後も機会があれば行きたいなー。
スポンサーサイト

テーマ : 漫画
ジャンル : アニメ・コミック

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

おお…お三方のイラスト、いずれも可愛いですねヽ(‘ ∇‘ )ノ
大人気な方々なのにリクエストまで受け付けちゃって
サービス心旺盛だなあ。
他の人に混じってなにげに原画の展示を見ていたっていうのも
面白いですね。プロはところに注目していたんだろうなあと想像してしまいます。
サイン会までなかなかハードな行程でしたね。
お疲れ様でした!

No title

>meriesanさん
コメントありがとうございます~♪
確かにハードでしたけど、充実した2日間でしたw
先生方のパワフルさにはホント頭が下がります。
Fellows!に連載してる方々って絵からして皆「描くのが大好き」って感じを受けるんですよね~
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。