アクセスカウンター
カウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

漫画レビューかきため19(空からこぼれた物語、超時空要塞マクロス THE FIRST、終わりと始まりのマイルス)

巻数の少ないものばっかになってきちゃったな~w

○空からこぼれた物語(大石まさる) ヤングキングアワーズ 全1巻
空からこぼれた物語 (ヤングキングコミックス)空からこぼれた物語 (ヤングキングコミックス)
(1999/09)
大石 まさる

商品詳細を見る

5点
大石まさる先生による近未来SF短編集。オムニバス形式で全1巻ながら非常に多くの作品が収録されています。
近未来ながら文明は近代的な様子ではなく、むしろのどかな風景が多くみられる世界となっています。
大石先生作品の魅力は哀愁あふれる綺麗な絵柄と、この独特な世界観だと思います。
ストーリーの内容もどれも暗い内容は少なく、明るい内容やちょっと切ない内容などが多めです。
とりあえず作者の代表作である「水惑星年代記」シリーズを早く読んでみたいです。

○超時空要塞マクロス THE FIRST(美樹本晴彦) マクロスエース 既刊1巻
超時空要塞マクロス THE FIRST (1) (角川コミックス・エース 6-21)超時空要塞マクロス THE FIRST (1) (角川コミックス・エース 6-21)
(2009/11/10)
美樹本 晴彦

商品詳細を見る

7点
「マクロスF」のヒットから再び人気が再燃中の「マクロス」シリーズ。現在はパチスロなんかもはじまってますね。
そのマクロスシリーズの初代「超時空要塞マクロス]を、新創刊した雑誌「マクロスエース」誌上で初代マクロスのキャラクターデザインを手がけた美樹本晴彦の手によって漫画化した作品です。
いうならばマクロス版「機動戦士ガンダム THE ORIGIN」的なモノです。
自分の初めのこの作品に対する印象は↑の通りだったので、ちょっと昔風な絵柄だと思っていました。
が、読んでみてちょっと驚きました。絵柄は意外にも割と今風です。トーンもかなり量が多いです。
巻末あとがきによると、この作品を描くにあたって漫画をデジタルで描くようにした様です。
空中戦を描くシーンなどではコマ割が奇抜で面白いです。
しかし、描き込みの細かさゆえにゴチャっとして一見で何がどうなってるかわかりづらいという所もありました。
(そういう場面はたいてい本を横向きに持ってみるとわかりやすい)
画力も、キャラの可愛さも好みですし、ストーリーもまさにこれからってところなので続きはとりあえず購入予定です。

○終わりと始まりのマイルス(鬼頭莫宏) マンガ・エロティクス・エフ 既刊1巻
終わりと始まりのマイルス1 (Fx COMICS)終わりと始まりのマイルス1 (Fx COMICS)
(2009/03/12)
鬼頭 莫宏

商品詳細を見る

7点
鬼頭作品読むのは実はこの作品が最初です。「ぼくらの」「なるたる」「ヴァンデミエールの翼」なども読んでみたいのですが、いかんせん巻数が多いし、なかなか値が落ちないので・・・
という訳で作者初挑戦でしたが、悪くなかったです。
まず最初に、解れそうな繊細な線で描かれていて特徴的な絵をしていると思いました。
絵は背景が白くなりがちですが、独特の間を持っていて、なんとも新鮮。
「鬱」漫画が多いという先入観を持っていたので、割とギャグが多くて意外でした。他作品はそうでもないのかな。
あとこの作品の世界観はかなり初見殺しだと思います。
初めかなり戸惑いました。「これ途中に解説とかないんならちょっと読み続けるの無理だ・・・」と思うくらいでした。
が、単行本149Pから6Pにわたってこの作品の世界の解説が描かれています。
もっと早くこれ読ませてくれよと。まぁ解説のおかげで大分理解はできましたけど。
なので、この作品を読むときは149Pからの解説を読んでから読み始めるか、なんとか149Pまでは読み進めることをお薦めします。

にほんブログ村 漫画ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : 日記とアニメ・マンガ関連ごちゃまぜ
ジャンル : アニメ・コミック

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。