アクセスカウンター
カウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

漫画レビューかきため11(あまんちゅ!、とろける鉄工所、自殺島)

今日は連載中の作品を。どれもまだ巻数が少なめですので、気になった作品がもしあれば今から購入しても遅くは無いと思います。

○あまんちゅ!(天野こずえ) 月刊コミックブレイド 既刊2巻
あまんちゅ!(1) (BLADE COMICS)あまんちゅ!(1) (BLADE COMICS)
(2009/08/10)
天野 こずえ

商品詳細を見る

8点
「ARIA」で癒し系漫画家の地位を確立させた天野こずえ先生の新作です。
この「あまんちゅ!」では時代は現代となり、舞台は普通の高校です。ファンタジー的な要素は今のところナシです。
しかし、素敵んぐなモノを日常の中から見つけ出す視点、間の使い方、背景の綺麗さなどは健在。
今回は主人公・てこが黒髪ロングなので、髪の毛のツヤが非常に綺麗に書かれていると思います。
灯里と比べて受け身な主人公なのですが、光(ぴかり)がてこを素敵んぐな世界へいざなってくれます。
光は二巻になって髪形のバリエーションなどが増えてかわいく思えてきました。
1巻の時点では少な目だったキャラクターが、2巻になって増えて全体的に俄然面白くなりました。
まだ一冊も買っていない方は、2巻までまとめ買いする事をお薦めします!

○とろける鉄工所(野村宗弘) イブニング 既刊3巻
とろける鉄工所 1 (イブニングKC)とろける鉄工所 1 (イブニングKC)
(2008/11/21)
野村 宗弘

商品詳細を見る

7点
職人&日常系漫画。
とある溶接工場、「のろ鉄」で働く人々の日常。
作者が溶接工だったという特殊な経験を活かしてさまざまな溶接蘊蓄を描かれていて、知的好奇心が強い方にお勧め。
仕事内容はブラック企業もいいとこなのですが、作風のおかげで悲壮感を漂わせない内容となってます。
絵は結構ラフな感じですが読みやすく、主人公・北さんの奥さんなどの数少ない女性キャラはかわいくかけてます。
傑作として世に残るような類の作品ではないと思いますが、力抜いて楽しめる良作です。

○自殺島(森恒二) ヤングアニマル 既刊2巻
自殺島 2 (ジェッツコミックス)自殺島 2 (ジェッツコミックス)
(2010/01/29)
森 恒二

商品詳細を見る

6点
「ホーリーランド」の森恒二先生の新作。
自殺未遂者達がとある無人島、通称「自殺島」で突然目覚め、サバイバル生活を余儀なくされる、という内容。
「生きる目的」がなくなったから死のう、と思っていた人たちが「生きる事」自体が生きる目的となり、その先に何が見えてくるのか・・
正直、「題材がベタすぎる!」と思いました。
「死のうと思っていた連中がサバイバル生活を経て生きる喜びを思い出し、また立ち上がる」みたいな内容がぱーーっと頭にすぐ思い浮かんだからです。デジャヴを感じずにはいられません。
ベタすぎる内容という点は2巻まででは脱却できていない印象ですが、2巻最後で気になる事実が発覚したので評価は今後次第で変わる可能性大です。


昨日の「君に届け」はやっぱり今人気なだけありますね~アクセスがまた伸びましたw
にほんブログ村 漫画ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : 日記とアニメ・マンガ関連ごちゃまぜ
ジャンル : アニメ・コミック

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する