アクセスカウンター
カウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

漫画レビューかきため8(おもいでエマノン、アベノ橋魔法☆商店街、シュナの旅)

今日も漫画レビュー。
今日は冨樫義博も目じゃない程の寡作作家、鶴田謙二の「おもいでエマノン」「アベノ橋魔法☆商店街」と、宮崎駿の「シュナの旅」です。
ちなみに、鶴田謙二の「Spirit of wonder」「Forget-me-not」、宮崎駿の「風の谷のナウシカ」はレビュー済です。

○おもいでエマノン(原作:梶尾真治 作画:鶴田謙二) 月刊COMICリュウ 全1巻
おもいでエマノン (リュウコミックススペシャル)おもいでエマノン (リュウコミックススペシャル)
(2008/05/20)
鶴田 謙二梶尾 真治

商品詳細を見る

7点
失恋の傷を癒すために一人旅をしていた主人公。金も尽きて帰るために乗船した船の中で、「エマノン」という少女と出会います。
「地球に生命が誕生してからの三十億年の総ての記憶を持っている」というエマノンとの一晩のゆきずりの旅の短い話です。
エマノンの記憶に関する考察がストーリーのメインであり、ジャンルでいうとSFです。
この記憶を持っているのは何の為なのか、等読んでて惹かれる内容でした。
一晩一緒に過ごしただけという切なさは「一期一会」の大切さを教えてくれます。
また、作品の魅力は内容だけでなく鶴田謙二の画風も大きいところです。
原作者が「イメージぴったり」と絶賛する程のエマノンの雰囲気、とても良いです。
全体通しても細部まで高い画力を持っていると思います。
この芸術的な絵こそ、根強いファンを未だに持つ鶴田謙二の最大の持ち味でしょう。カラーも美麗。
1巻でしっかり完結してるのもうれしいところ。
同じ作者の「Forget-me-not」などは一巻で未完終了となっていて非常に残念でしたので・・・
今月、エマノンの続編のムックが出るらしいのでできればゲットしたいと思ってます。

○アベノ橋魔法☆商店街(原案・設定:GAINAX 作画:鶴田謙二) 月刊アフタヌーン 全1巻
まんがアベノ橋魔法・商店街~アベノの街に祈りを込めて~ (アフタヌーンKCデラックス)まんがアベノ橋魔法・商店街~アベノの街に祈りを込めて~ (アフタヌーンKCデラックス)
(2002/04/23)
GAINAX

商品詳細を見る

5点
大阪下町、アベノ橋に住むサッシと幼馴染のあるみ。
再開発でたちのきが続く商店街だったが、二人は商店街を守る四神獣の置物の存在を知る。
しかし、最後の四神獣だったペリカンの置物が壊れてしまい、町は本格的に立ち退きに。しかしその晩から空飛ぶドラゴンが現れるなど不思議な現象が起こり始める・・・というSFモノ。
サッシとあるみのキャラは好きなのですが、全体的に説明不足で何が起きてるんだかわかりづらかった。
最後もすっごい唐突に終わります。

○シュナの旅(宮崎駿) 全1巻
シュナの旅 (アニメージュ文庫 (B‐001))シュナの旅 (アニメージュ文庫 (B‐001))
(1983/06)
宮崎 駿

商品詳細を見る

8点
厳密には「漫画」ではなく「絵物語」に分類される様な作品です。
セリフの吹き出しはなく、挿絵と文章によって構成されます。しかし、全ページカラーの絵が入っているのでまぁ一応。
劇場版「ゲド戦記」の原案ともなった作品です。
世界観はナウシカやもののけ姫と共通している風なところがあり、宮崎駿ワールドに映画と違和感なく入り込めます。
ストーリーが素晴らしく、中盤で心を失った主人公・シュナが後半に少女の懸命な助けの結果心に光を取り戻し、復活する場面は感動。全1巻で綺麗に終わります。
全ページ宮崎駿のカラーが読めるというのもなんとも贅沢な内容です。


そういえば「にほんブログ村」でのランキングが急に落ちたりするのはなぜだろう・・?
アクセス数の問題じゃないのかな?

にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ
にほんブログ村
にほんブログ村 漫画ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : 日記とアニメ・マンガ関連ごちゃまぜ
ジャンル : アニメ・コミック

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する