アクセスカウンター
カウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

『このマンガが凄いから読め!(仮称)RC版・2011』…略して『こすヨメ'11(イレブン)』 投票!

今年は『このマンガが凄いから読め!(仮称)RC版・2011』…略して『こすヨメ'11(イレブン)』に初めて参加してみました。

参加条件があるのですが、2月3月のレビューかきためがあったおかげで偶然にも参加できましたw
漫画レビュードットコムの方のレビューはブログではないので当然無効なわけで・・
ちなみにブログにある漫画レビュー数は大体5,60位ですが、「漫画レビュードットコム」へ投稿したレビュー数は、今年一年で313レビューでした。(まだあと2日あるので1,2件増えるかも・・・)
漫画レビュードットコムへ投稿しはじめてかれこれ5年半立ちますが、今年一年のレビューのペースはそれまでとは比べ物にならないくらいでした。
現在通算レビュー数が492件でそのうちの313が今年投稿(あるいは修正再投稿)ですから。
6割以上今年です。
今までは月に1レビューを目標にひっそりと続けていたのですが、2009年に「ニコニコ生放送」を見始めたことがきっかけで一気に漫画の購入数が増加。結果レビューをハイペースで投稿できるようになったのでした。
さらには4月からは社会人となり、読むペースは落ちても買える量は金銭的な理由から増大し、結果レビュー投稿の減少にはつながりませんでした。

★さて、一年の回想はこれくらいにして肝心の記事へ・・・
昨年末は自分のブログで自分なりにランキングつけて記事をつくりました。
ちなみに去年のランキング選別基準は「去年自分が初めて読んだ作品」というものです。
記事はこちら

ただし今回参加する「こすヨメ」は基準が違います。
ルールは「2010年内に最新巻が発売されたタイトル(単発可。完全版・文庫版・コンビニコミック等の廉価版など既完結作品の再刷・再編集コミックを除く)で、同人誌は除く」というものです。

自分は特にそこまで様々なジャンルを幅広く読むタイプではありません。
どちらかというと、好みの作家を見つけるとそこを深く集めていくタイプです。


ですが選ぶのは非常に迷いました…
買っている作品が多いから、というのもありますが、数多くの作品の中から5つに絞るというのは想像以上に大変でした^^;
そしてようやく決まった5作品が…こちらです!
【第五位】
ちはやふる(末次由紀)
ちはやふる(11) (Be・Loveコミックス)ちはやふる(11) (Be・Loveコミックス)
(2010/12/13)
末次 由紀

商品詳細を見る

二年前のマンガ大賞作品なので、漫画好きの方なら今更感が強いかもしれません。
でもあえてランク入りさせたのは「その面白さがまったく巻を重ねても衰えない」点が凄いと思ったからです。
大賞受賞というのが決してたまたまその当時が面白い展開をしていたから、ということではなく今なお面白さは衰え知らずの良作であるということを改めて広めたいという思いから、第五位に入れました。

【第四位】
Landreaall(おがきちか)
Landreaall 17巻 限定版Landreaall 17巻 限定版
(2010/12/25)
おがき ちか

商品詳細を見る


これまた既刊が多いものを入れました。
切ったはったが少ないファンタジー・学園作品。
長きにわたって「コミックダッシュ!」のランキング一位に居座っていたのは伊達ではなく(現在は陥落)、決して絵が上手ではないのに丁寧な世界観の作りこみのおかげで読むとどっぷりとはまれます。
個人的にアニメ化したらうれしい漫画ナンバーワンです。(自分は好きな漫画のアニメ化は喜ぶ派)
もっと刺激的でアクの強い面白い作品はほかにもたくさんあると思いますが、何故か「新刊が楽しみで仕方ない」作品なので第四位。

【第三位】
ジゼル・アラン(笠井スイ)
ジゼル・アラン (1) (ビームコミックス)ジゼル・アラン (1) (ビームコミックス)
(2010/07/15)
笠井 スイ

商品詳細を見る

2010年に1巻が発売された漫画の中で一番「これはこれからくるぞ~」と感じた作品です。
夏には笠井先生にサインもらいにいったりしちゃいました。
時代設定や絵柄・掲載誌の関係上、どうしても今後も森薫先生と比較されるでしょう。
しかし、森先生好きなら確実にハマれます。
というわけで「乙嫁語り」よりもこの「ジゼル・アラン」をお勧めにしてみました。

【第二位】
からん(木村紺)
からん(5) (アフタヌーンKC)からん(5) (アフタヌーンKC)
(2010/10/22)
木村 紺

商品詳細を見る


今回ランキングに入れた作品の中では知られてない方なんではないかと思います。
「神戸在住」の作者の描くお嬢様学校での女子柔道を題材とした作品です。
「神戸在住」は2009年に読んだ作品で一番衝撃を受けた作品とした程、一気に作者のファンとなった経緯でこの作品を読んだので補正もかかっていますが、「何度読んでも飽きない作品」「一番個人的な好みでおすすめしたい作品」として二位に入れました。
絵の癖は強いし、女子柔道なのにかわいげも無いしと、最初に述べた「自分の好みの傾向」とは実は大きく外れているのですが…不思議と面白い。雅・京・萌の三人の強烈な個性が様々な展開を見せてくれます。
「神戸在住」と同じノリを期待して読むと絵も話も作風もギャップがありすぎてショックを受けますが、今では作者がどんどん新しい境地を切り開いていく様が楽しくて仕方ありません。

【第一位】
7SEEDS(田村由美)
7SEEDS 18 (フラワーコミックスアルファ)7SEEDS 18 (フラワーコミックスアルファ)
(2010/08/10)
田村 由美

商品詳細を見る

これまた漫画好きな方の間では有名作かもしれませんが…
既刊18巻と今回ランク入りさせた作品の中では一番長く続いている作品です。
なのになぜこれを一位にしたかというと「このマンガが凄い!」などは巻数に制限があり、この作品のような長期連載作品は今からじゃ注目を浴びづらいんですよね。
だけどこの作品はあまり普段は使わないのですが「読まなきゃ損」と断言したいくらい面白いので、あえて一位にして今から一人でもこの作品を読む人が増えれば…とか思ったのです。
「からん」は個人的な好みで今面白い作品としましたが、「7SEEDS」は誰が読んでもある程度以上は評価されるんじゃないかと。
もうなんだか絶賛しすぎで逆に信用されなかったりして…^^;是非ご一読を。

まぁこんな感じです。
ちなみにその他の候補は
とある科学の超電磁砲
君に届け
ハルシオン・ランチ
3月のライオン
惑星のさみだれ
進撃の巨人
青空にとおく酒浸り
高校球児ザワさん
罪と罰 A Falsified Romance
タヌキでポン!
チェーザレ 破壊の創造者
おいでませり
玲瑯館健在なりや
ホームセンターてんこ
真月譚月姫
鋼の錬金術師
花のズボラ飯

などがありました!

以上です~
スポンサーサイト

テーマ : 日記とアニメ・マンガ関連ごちゃまぜ
ジャンル : アニメ・コミック