アクセスカウンター
カウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

劇場版マクロスF 虚空歌姫-イツワリノウタヒメ- 見てきました!

今月の21日から劇場公開されている「マクロスF 虚空歌姫-イツワリノウタヒメ-」見てきました!
シアターは「新宿バルト9」に行ってきました。
ここはホームページで無料で席の予約が出来るので凄い便利でした。
平日にも関わらず人がほぼ満席で前から三列目という割と前の席になったのですが、画面全体もしっかり視界にはいって首もたいして疲れずに見る事ができました。

そして肝心の内容なのですが・・・超良かったです!
テレビアニメ版「マクロスF」の再編集+新規カット、新曲、新コスチュームに加えテレビ版とは違う展開を見せる劇場版マクロスF。
テレビ版を見た多くの人は三角関係の結末が劇場版でどのようにつくのかが気になる所だと思います。(劇場版は前後編なのでそこの決着は後編に期待)

テレビ版のストーリーを短く編集する様な形なのでテンポはかなり早く、テレビ版を見ている事が前提でないと全てを把握するのは難しいでしょう。(SMSとか統合軍とかいわれてもあれじゃ絶対わからないだろう・・)
その結果全体的にギャグ的要素が減ってます。(かといってシリアスで暗いという訳ではないです)
同じ様にみえて、キャラクターの関係が微妙に異なっていて、テレビ版を知っている人はその違いを楽しめると思います。(某キャラがいない事になっているのでファンの人はかわいそうだ・・w)

圧巻はやはりとバルキリーによる戦闘シーン
菅野よう子さんの手がける曲の数々がどれも良い。大音量&音響の中できくとまさにライブそのもの。鳥肌ものでした。
名実ともに"スター"であるシェリルと、駆け出し"アイドル"であるランカの二人の楽曲の対比が曲数の多さもあってより明確でありここはテレビ版より良かった!
全編通してCGの使い方が半端じゃなく、ライブシーンにしろ戦闘シーンにしろ圧倒されます。
最初のランカのセグウェイだけでも「おおっ」と思いました。
宇宙でのバルキリーの戦闘シーンのカメラワークとか「これ考えた人の頭の中はどうなってるんだ」ってくらい凄い。想像力が自分には足りないw

この圧倒的なCGによる迫力と、菅野よう子の楽曲とのコンビネーションは是非劇場の大画面で見るべきだと思います!

その他・・・アルトは相変わらず。後編でしっかり△関係に決着つけてくれw
シェリル・・・とんだ災難だったな・・wグレイスは乳首がでたのにシェリルは断固でないのはなぜだw
ランカ・・・中の人の演技がかな~~り上手くなってた。ドラマCDの時点ではまだテレビ版と大差ないと思ったのに。声かわっててテレビ版のランカと雰囲気かわりまくり。歌がどれも面白かった。
ミシェル・・・ひやっとさせやがって…後編こいつはどうなるんだろうか。
バジュラ・・・でかくない?テレビ版よりかなり巨大化した気がするんだけど気のせいかなぁ。でっかくて怖かった。
グレイス・・・やっぱり今回も黒幕なのは変わらないのか・・・?
ブレラ・・・立ち位置も行動も大きく変わっていて一番変化したかも。
ルカ・・・空気だった。ナナセいなくてカワイソスw
オズマ・・・かっこいい。劇場版でも死亡フラグを回避するのか?
キャシー・・・出番少なめ。大統領を父親っていいそうになる所が凄い説明臭かった。
ナナセ・・・まさかのリストラカワイソスwww
ボビー・・・ちょっと出番が少なかった。
キノコ・・・いつものキノコでしたw

3年振りくらいに劇場映画を見に行ったのですが、大いに満足な出来でした!
帰りにシェリルの挿入歌アルバム「ユニバーサル・バニー」が発売だったので買って帰りましたw
ユニバーサル・バニーユニバーサル・バニー
(2009/11/25)
シェリル・ノーム starring May’n

商品詳細を見る


にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : マクロスF
ジャンル : アニメ・コミック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。