アクセスカウンター
カウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ギターの編曲

先日の定期演奏会で自分はようやく部活を引退しました。
納会も先週行っていよいよもって部活ともおさらばなのですが、まだ「追いコン」があるのです。
追いコンといっても、やる事は

1、ギターの発表会(有志)
2、20歳になる者達による二十歳芸(強制)
3、飲み会(有志)
くらいなんですが^^;

そこの発表会で、同期の提案で「四年間で合奏した曲を編曲してメドレーを作って発表しないか」的な流れになってます。
練習する時間は暇人な4年以外はこれから試験があるので正直あまりとれません。
それ以前に誰がひくのかも未定です。
だからまぁ「そこまで長すぎず」な感じにやる必要があります。
なのでヒマな時に頭の中でなんとか曲と曲をつなげられないかと、試行錯誤してます。
編曲する程の才能も技術もないので、曲を切り貼りするだけなのですが、意外と難しい!

でも、後輩たちにこんな曲やったんだよ的なアピールができれば嬉しいので、なんとか作ってしまいたいもんです。
ちなみに、一年からやった曲数は(1年2曲、2年5曲、3年6曲、4年3曲(前期休部のため))です。
全部を入れるのは不可能なので(変則調弦とかもありますし)、この中のいくつか、を予定中。。。
アンコールで弾いた曲、全体合奏で弾いた曲なんかもありますがこれもカット。

今7割くらい想像で固まってきたんですが、まだ誰にも「こんなのどう?」的な感じで反応をきいてないし、これで一発で決定になるとは思ってないのでまだまだこれからです!ちょっとがんばろう。最後だし。
スポンサーサイト

テーマ : 音楽
ジャンル : 音楽

オーディション結果

実は先日自分の部活の中で「オーディション」がありました。
うちの部はクラシックギターによる合奏がメインなので、合奏がコンサートに出るのはまぁ当然なんですが、それ以外のギター演奏(独奏、重奏、小合奏等)は、部員全員の前で演奏して、その演奏が「コンサートに出てお客さんの前で演奏してもよいレベルか」を審査されなければなりません。
当然、演奏が悪かったと判断されれば、コンサートで演奏することはかないません。

今年のオーディションは「よほどの失敗がない限り、全て通す方針」でやっていってるので大分審査が甘い感じがしました。
数年前はちょっとのミスが命取りだったらしいです。(今でも演奏中に止まる=失格くらいではありますが)


、今回自分はアメリカのクラシックギタリストであり、「サンバースト」等の楽曲で知られるアンドリュー・ヨークの曲「Faire」で独奏のオーディションに参加しました。
ちなみにどんな曲かというと・・ようつべとニコニコで探してみたのですが、演奏している動画がみつかりませんでしたorz
意外とヨークの中ではマイナー曲なんでしょうか・・

その結果が昨日発表されたのですが・・結果は合格でした!
今回jはオーディション参加組数がいつもより多く11組も参加した為(いつもはその半分かそれ以下)、
演奏の出来もまだ未完成なものだったので正直「落ちたなぁ・・」と思っていた分、嬉しかったです。

同時に、今回落選した人の分も本番に向けてこれからしっかり練習せねば、と思いました。。(今回11組のうち1人だけ落選という・・しかも4年生・・なんといえばいいのか困りました)

ちなみに、作曲者アンドリュー・ヨークの代表曲の「サンバースト」です。
演奏はヨーク本人なので、まさに「本家」といえるでしょう。
ちなみに、この曲は去年のコンサートでオーディションに通り、演奏することができました^^
「Faire」はこれより同じくらいか、少し簡単です。



York: Perfect SkyYork: Perfect Sky
(2000/09/12)
Francois Couperin、

商品詳細を見る

テーマ : 音楽的ひとりごと
ジャンル : 音楽

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。